醗酵ハーブふりかけ 製品紹介

ふりかけの使い方&摂取量のガイド

◼︎ ペット(犬・猫)向け

【与え方】
朝晩のご飯へふりかけてあげてください。手のひらへのせて食べさせたり、ヨーグルトへのトッピング、お水に入れて飲ませるなどもお勧めです。

【食物繊維の作用について】
食物繊維は消化酵素によって分解されず、そのまま大腸へ運ばれます。そして、便を形づくる作用の他にも、大腸にいる微生物が「醗酵」を促し有用菌を創り出します。症状がある場合は特に、この作用を見込むために、食物繊維(米ぬか)の摂取量を増やすことをお勧めしています。(摂取量の目安B参照)
又、犬猫は人間と違い穀物の消化酵素がほぼありません。米ぬかは身体によい反面、消化への負担が懸念されます。
そのため、犬猫でも消化しやすいように、ハーブ醗酵液であえて米ぬかを醗酵させて製造しています。

【摂取量の目安】
大さじスプーン(15㏄)
1杯 = 約5g, 山盛り1杯 = 約6.5g

A. 健康な子の場合

体重 1回 1日 1ヶ月
小型犬・猫(5Kg) 1.5g 3g 約90g
中型犬(10Kg) 2.5g 5g 約150g
大型犬(15Kg) 3.2g 6.5g 約200g


B. 調子が良くない子の場合 / 大学共同研究時の摂取量(体表面積から算出)

体重 1回 1日 1ヶ月
5Kg未満 3g 6g 約180g
5Kg以上10Kg未満 5g 10g 約300g
10Kg以上15Kg未満 7g 14g 約420g
15Kg以上20Kg未満 8g 16g 約480g
20Kg以上25Kg未満 9g 18g 約540g
25Kg以上 10g 20g 約600g


大切な“うちの子”の体調に合わせて、
その時々の“適量”を見つけてあげて下さいね


◼︎ ペットのパパ&ママの召し上がり方

トッピングとして:
ヨーグルト・サラダ・味噌汁・納豆・スープなど、何にでもお使い頂けます。

お料理の調味料として:
お好み焼き・ハンバーグなどの種に混ぜたり、合わせ調味料・ドレッシング・ソースなど、お料理の材料の1つとして混ぜてお使いください。大さじ山盛1杯(約6.5g)~2杯でも、お料理の味を邪魔せず美味しく召し上がって頂けます。
合成サプリメントではなく、単なる「食品」なので摂取量の上限はありません。安心してお召し上がりください。

お取り扱い動物病院


「スプーン1杯の醗酵ハーブふりかけ」を
お取り扱いいただいている、動物病院様です

病院名 ホームページ 住所 TEL / FAX
いろは動物病院 http://takaoka-ah.com/guide.html 〒573-0163 大阪府枚方市長尾元町2丁目13-31 TEL:072-850-3588
FAX:072-850-4381
かだ動物クリニック http://kadavc.com/ 〒836-0802 福岡県大牟田市日出町1-2-1 TEL:0944-56-7100
FAX:0944-56-7107
マリア動物病院 http://www.maria-ah.com/ 〒488-0839 愛知県尾張旭市渋川町3-2-13 TEL:0561-51-2011
FAX:0561-51-2011
CoUCoUペットクリニック http://www.cou-cou-p.com/ 〒062-0922 北海道札幌市豊平区中の島2条2丁目1-22 エムズ中の島2F TEL:011-831-1599
FAX:011-831-1588
斉藤牧場動物病院 http://www.saito-bokujyo-ah.com/index.html 〒277-0085 千葉県柏市中原1-28-1 TEL:04-7172-7937
キャットクリニック https://catsclinic2018.com/ 〒523-0847 滋賀県近江八幡市永原町元18-1 TEL:0748-26-7885

Q&A

Q.原材料は?

各種ハーブ、米ぬか、砂糖、塩、海藻粉末を使っています。


Q.砂糖と塩が気になるんだけど?

砂糖と塩は、ハーブの「発酵液」を作る工程で使用しています。

より醗酵を促すために“微生物のご飯”として入れています。もちろん無農薬・無化学肥料の天然の黒砂糖と塩を使っています。

ふりかけの“味を調整するための添加”ではございませんのでご安心ください。


Q.何にいいの?

お腹の弱い子、便秘気味の子、食の細い子、アレルギーの子など・・・

腸内環境が乱れると様々な不調を引き起こします。

反面、腸内環境を整えると免疫力が上がります。

だからこそ、腸内環境を正常にすることで「自然治癒力(免疫力)」を高めてほしいと思い、適したハーブを厳選し商品化しました。


Q.酵素って効果あるの?

アミノ酸やポリフェノールなど・・・

身体に良いとされる成分を作り出しているのは、「酵素(微生物)」です。

微生物の働きよりも「成分」そのものが話題になり、合成原料などが商品化されますが、天然の酵素(微生物)ほど素晴らしいものはないと思っています。


Q.どうして酵素(微生物)がいいの?

食べ物は、胃液、膵液、胆液、腸液など・・・

身体の中にいる酵素(微生物)によって適材適所に分解され、腸から吸収されます。

食べ物に付着した菌を“殺菌”できる強酸な胃液など・・・

私たちの身体は素晴らしい機能を備えていると感じています。

ダイレクトに摂取できる合成原料も素晴らしい知恵ですが、身体に備わっている機能を考えると「自然界でつくられた作物の自然な酵素(微生物)」こそ、身体本来の吸収に適した栄養素だと思っています。

人もペットもロボットではなく「自然界のもの」なので ^^


Q.自然微生物農法ってなに?

昔の土壌にはたくさんの微生物がいて栄養価の高い作物が育っていました。

しかし、現代の土壌は、農薬や化学肥料、除草剤などによって微生物を殺しています。

薬効を作ってくれる微生物の少ない畑で育った作物は、栄養価も下がります。

私たちは、微生物を増やすことで、栄養価の高い土壌になるよう意識して自然農法を実践しています。(単に農薬を使わないのではなく、微生物に着目した農法を実践しています)

※微生物のたくさんいる土壌は、まるで「薬の製造工場」のようです。そこで育つ作物こそ本当の「薬」なのかもしれません。

『医食同源』はこのような自然農法の作物があって言い伝えられている言葉ではないかな・・・と感じています。

多くの農家さんが「孫に食べさせたい」作物を作ってくれるようになってほしいと思い、私たちにできることをできる範囲で頑張っております。

食品分析(3種のハーブ)

基礎栄養素とアミノ酸がたっぷり!

「スプーン1杯の醗酵ハーブふりかけ」は、基礎栄養素はもちろん

“健康維持”に欠かせない「アミノ酸」を含んでいます。

わんちゃん&ねこちゃん&人にとっての「必須アミノ酸」は異なりますが、それぞれにとって必要なアミノ酸を含んでいるので、

家族(ペット&ペットのママ&パパ)みんなの健康維持にお役立ていただけます。

成分分析表

★アミノ酸について

わんちゃん&ねこちゃんは、食事から摂るたんぱく質の30~35%も

「皮膚や被毛」の健康維持に消費するといわれています。

特に、食事から摂るしかない「必須アミノ酸」は“ずっと元気”でいるための栄養素。

また、BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)も、「老化=筋肉の衰え」予防にも期待できる

“筋肉組成に必要な黄金比”で含まれています。

もちろん。BCAAは人の筋肉組成にも有名♪

文部科学省の食品成分データベースでは、各アミノ酸ごとの食材ランキングやその他のデータをみることもできるので、

参考になさってくださいね! ⇒  http://fooddb.mext.go.jp/

4種のハーブde脳細胞の老化対策!

ハーブ農家だからこそ!知っている

「病気知らず!」の薬草のちから

Holly Basil (ホーリーバジル)

Moringa (モリンガ)

Fennel (フェンネル)

この素敵なハーブに・・・

アーユルヴェーダで“若返りのハーブ”として有名な

Gotu Kola(ゴッコーラ)

※認知症への効果が期待されているハーブ

をプラスし、「4種類」のハーブとRice Bran(米ぬか)をブレンドしました。

もちろん。ハーブは発酵エキスを配合しています。

人間の痴呆予防でも研究されている「ゴッコーラ」。

本当に素敵な薬草です!

・・・・が。妊娠しているわんちゃんにはちょっと嬉しくない作用もあるようです ><

そのため。こちらは「高齢犬」用として、3種ハーブとは別に製品化しました!

わんちゃんも、高齢化社会になっています。

「健康維持(3種ハーブ)+痴呆予防」としてご活用ください。

もちろん!人間が食べる分には何ら問題ありませんのでご安心ください。

インドの受験生がいるお宅では“サラダ”で食べさせるそうですよ!

ちょっと。三つ葉のような味わいの美味しいハーブです!

3種のハーブde健康維持

ハーブ農家だからこそ!知っている

「病気知らず!」の薬草のちから

インドのアーユルヴェーダ医学でも有名な・・・

Holly Basil (ホーリーバジル)

  ※体質を改善し自然治癒力を高める“万能薬”と称されるハーブ

Moringa (モリンガ)

  ※栄養価たっぷり!“森の母乳”と名高いハーブ

西洋ハーブで有名な・・・

Fennel (フェンネル)

  ※消化促進作用に優れていることで有名なハーブ

どれもオススメな3種のハーブとRice Bran(米ぬか)をブレンドしたふりかけです。

ハーブはもちろん!米ぬかもビタミン豊富な栄養価の高い食材です。

“生”でも栄養価の高いハーブを・・・さらに醗酵させたエキスを配合!アミノ酸たっぷりの健康食材です。

※食品分析もご覧ください!

ハーブ習慣!あいな便会員限定特別価格ページ
ペットを幸せを考える、代替療法ナビ
あいな農園facebook

カレンダー
  • 今日
  • 休日

ページトップへ